2017年6月9日金曜日

17・06・08 榛名から二子山 そしてスペイン

練習コース上にある無人直売所。ここの野菜は本当に美味くて青虫のごとく野菜を食べる自分には有難い

先週、華麗に今シーズン二子山ラスト宣言したような気がするけど、たぶん気のせい。
今週も行ってきた。

その前にバイクトレで榛名山@唐松峠

・58、13 212w

復帰してようやくの60分切り
ほぼタレることなく一定ペースで登り切れてる。
6月一杯は出来るだけ長い坂をペース走で積んでいこう。

帰宅後に家内と二子へ。

先週の最高のコンディションと違ってホールドも湿気湿気。
任侠2便だけ。
6pクリップできたことと、テンション後に5手進んだことが成果。
ただ、正直トラバースまで行けたなーと後になって後悔もあり。

実は所謂「任侠落ち」を経験しとこうと初めてメット被って気合入れたつもり(?)だったんだが、右チビアンダーから右サイドポケット刺して左足右足上げるトコで足元のロープが絡んでるように&足元のボルト見えたらビビってしまい「落ちる~」コール。
しかも2回・・・
ちょっと情けない・・・メンタルだなぁ。

まあ少しづつ慣れていこう。

14時過ぎには下山し、帰宅後に待望のお店へ向かった

スペイン料理 アリオンダス


ここのオーナーでシェフである佐藤さんもクライマーで今シーズンは3回ほどご一緒したかな。
そのとき岩場での会話で料理や食材の話になると、本当に嬉しそうに楽しそうにお話になるのが印象的で「本当に料理が好きなんだな。この人が作る料理は本当に美味いんだろうな~」と。

うん、やはりおいしかった!

写真がイマイチですが・・・・








写真がないけど、自家製パンとピクルスも美味しかった!
どちらも目の前にあれば永遠に食べてしまいそうだった(笑
 
任侠RPしたらまた行こう!いやその前にも行きたいなぁ


2017年6月2日金曜日

17・06・01 今シーズンラスト(予定)の二子山


先週先々週と2週続けて雨で断念した二子詣で。
今週も朝から小雨降ってたので諦めてたのだが、家内から「家に居てもやることないからダメもとで行こうよ」尻を叩かれるお言葉を頂き決行。
しかし本当に我々夫婦はインドアの過ごし方を知らないな。
あ、インドアなら唯一クライミングジムでなら過ごし方を知ってるな(笑

結果的に行って正解、来て正解、たいした降りもなく快適な弓状エリアだった
寒暖計は見なかったけど、いい風が吹いてて涼しく、岩のコンディションも上々

ピクニック気分の家内 それもまた良し
出発も遅く、帰りも早くの3時間ちょっとの滞在だったが、3週間ぶりに外で過ごす時間はやはり気持ち良し!

任侠様も前回可能性を感じない程届かなかったムーブも、今回はそれなりに楽にこなせるようになったし来シーズンに向けてやる気が出た。
ただ6pクリップ、そしてそこから上は恐ろしくて怖くてインチキしながらのTO。本当に怖いねこれ。

来シーズン頑張りましょう。

今シーズンも沢山の方々にお世話になりました。どうぞ来シーズンもよろしくお願いします。

2017年5月22日月曜日

17・05・21 ハルヒル

久しぶりの「葱」仲間 ありがとう。


わざわざ苦しい思いしをし、好んで坂道を登るというドMなレース、ヒルクライム。地元高崎の榛名山ヒルクライムに参加した。
昔はこの手の大会に、、というか、坂道を早く登ることだけを考えて生きてたことがあったなー(遠い目

去年の11月から一念発起し自転車トレを再開。
この時のFTPは160w
そりゃ7年も負荷をかけてなきゃこんなもんだわな
それでもZwiftのお蔭で辛楽しく週3~4程度のペースでSST中心に積んだ。

で、昨日のレースが 
・54‘06 220w

うん上出来上出来すぎ。

と、まあ一応自転車乗りらしく数字をつらつらと書いてみた。

で、今回久しぶりにレースに参加して感じたことが
・レース中のあの独特な集中力はなんとも形容しがたい感覚でたまらない
・レース当日に向けて徐々にコンディションを整える、という普段では味わえない緊張感もいい。
・試走の時は60分すら切れなかったんだが、やはり本番効果ってある。
・きつくて一瞬弱音が出そうになってもそこから「前に!」踏み倒せた。お蔭で今日はえらい疲労感
・最高心拍も復帰してからせいぜい175あたりだったが、レース中は平均心拍が170・最高心拍が182 
・女性ローディーが増えたなー 
・T市長は相変わらず「べらんめぇ口調」だった
・健康が一番と強く実感 いや本当に。


そして模範的幽霊部員ではある自分を温かく迎えてくれたチームメートにも大感謝
Iさんのお蔭でモチ上がったなー ありがとうございました。赤城でまた勝負!

余裕があって舌だしたわけではなく、苦しくてだしてる

さて9月の赤城も経った今エントリー完了。
今から楽しみでたまらない。


2017年5月12日金曜日

ハルナのちフタゴ


ようやく穴ムジ終わったから、久しぶりに参戦するヒルクライム・ハルヒルに向けて自転車頑張ろう!と思ったら、もう10日後がレースだった・・・

今更頑張って追い込んでもたいして変わらないんだが、試走は大事だろうってことで早起きして登ってきた。
ちなみにレースでの目標タイムは55分切り

5月2日に一度試走して、そん時のタイムが60‘55 (208w)
今回は2回目だし1回目のタイムは越えるだろうと思ったが・・・

・ハルヒル試走#2  61‘59(212w)

ガーン!遅くなってる!

7年のブランクは正直だ。パフォーマンスの低下・回復力低下は如何ともしがたいなあ。
まあ楽しめればいいや。と負け惜しみ

帰宅後に二子山へ。「登りに行った」というより「過ごしてきた」



去年5月も思ったが、新緑滴るこの時期の弓状は大好きだ。

日差しは強く暑いが、木陰・日陰にいれば快適そのもので1時間以上は昼寝してしまった・・・

来シーズンの目標で任侠様へ挨拶したり、キタムのT-Wall RPビレイして、初めて2段岩壁に行っていつかトライしたいババージュ眺めたり、気持ちよく過ごせた弓状での1日だった。

出来れば5月一杯はここで休日を過ごしたいなぁ。

即身仏登るキタム かっこいいわ!


2017年5月5日金曜日

17・05・05 穴のムジナ



ハルヒル前だが今回は食べずにいられないぜ!

雨降る日も風が吹く日も、雪が降る日も通って 20日間 62便目にて穴のムジナRP

「2~3cm上だった」
さんざん嵌った第三核心の左コルネピンチからの縦ガバ取り(実質ラス一手落ち)。第二核心も突然できなくなるという病にも罹ったが、ラス一手落ちの方が回数多くて13回もそこで落ちてる。
スタンス変えたり、右手中継に飛ばしてみたり‥等色々と試してはいたものの落ち続けてた。
先週最終便フォール後にふっと思いついて左手コルネピンチのいつも持ってるところの2~3cm上を持ってみたら、「左手コルネの悪いピンチ」が「持ちやすいピンチ」になって左足が普通に上げられて縦ガバ取りがえらく楽になった。このときは喜び・・・というよりショックの方が大きかったかもしれない。
そして今回一便目、懸念の染みだしも一切なく、既に苦手意識がついて頭真っ白になってたラス一手もしっかりとこなせて(吠えたけど)RPできた。

つらつらと言い訳っぽく書いてしまったが、要は「自分のミス」「ある意味テンションムーブで続けてた」「クライミング脳が足りない」のだ。
ヘタ&弱いんだよなー。強けりゃ左コルネピンチの悪いところ持ってても登れるわけだし。

でもこのRPはものすごく嬉しい!
穴のムジナって左右に三ツ星の人気ルートに挟まれてる不遇(?)な子だからゆえ、この20日間のトライでも一度も他の人がトライしてるの見たこともなく、それこそ「初登」状態で一手一足最初から最後までムーブを作る楽しみがあった。だからこそ嵌ったムーブもあった訳だが、今となってはそれも「クライミングの醍醐味」なのだろう。
うーん、なんて幸せで贅沢な時間!こんなに夢に出てきた(うなされた)ルートはないし。
大袈裟じゃなく、一生忘れないルートだな。良かった~

またこれルート以上に夢に出てくるルートがあるんだろうか?あるんだろうなw 二子には。
落葉したころからトライし続け、いつのまにか新芽が美しい時期になっていた

受験生の前で「落ちる」訳にはいかなかったw お付き合い有難う。

当日、F山さんが連れてこられてた高校生の素晴らしきRPにも立ち会えた。
このシーンを間近で見た長女が「彼氏はクライマーがいい!」だとw
でも冗談でなく、気合と集中力が見事なRPでした。素晴らしいシーンに立ち会えてこちらも幸せ。これもクライミングの醍醐味の一つですな。




2017年4月28日金曜日

17・04・20 二子山

先週から始まった染みだし
その後は好天続きだったので、回復したことを期待したのだが・・・

むしろ悪化してる。がーん

第三核心のみならず、第二核心中継~ガバアンダーまで濡れてやがる

・1便目 第三核心× 2手目左ピンチブロック掴むもビチョビチョですっぽ抜け落ち。左小指環指中指の三本がビチョリ 

・2便目 第三核心× 1手目右サイドアンダーもってキョンに入ろうとするも、右手濡れてすっぽ抜け落ち

凹んだ、というより正直心が折れた。

午後になり時間がすすむにつれ晴れ間も広がり、爽やかな風が時折流れる
下から見て少し乾いてきたところで三便目~

・3便目 第三核心× なんとか出だしをこなす。左小指は濡れてるけどもちろん突っ込む。左コルネピンチ取って左足上げしようとするも、左ピンチの握りが浅いのかスタンスに体重のせられず・・・結局いつものとこでフォール。 

・4便目 第二核心×

第三核心クロスムーブこなした後の左ピンチ取るところから頭真っ白になってしまってる。いつも焦ってしまい、ピンチの握りが浅いのに急いで左足あげようとしてフォールしてる。わかっちゃいるんだけど、完全なるワンテン地獄のルーティン。
頭も神経系も筋肉もネガティブな動作繰り返してしまうばかり・・・

うーん、流石に焦ってきたな・・・

2017年4月21日金曜日

17・04・20 シミダシアラワル




時期的に、そして最近の天候的にそろそろとは覚悟してたけど、各ルートに染みだしが散見しだした。
穴ムジの場合は噂通りで困ったことに、第三核心初手と2手目から染みだしてた。

まだ初手は湿りを感じる程度だったが、2手目の左手クロスで取る四角ピンチの左側がビチョビチョ。ここから水が湧き出てくるようで拭いても直ぐにジットリ濡れてくる
なんてこったい/(^o^)\

それでもまだ左側だけなので小指がビチョリなる程度ではあるが、その後に左手を拭う余裕はなくラス一手前の左ピンチ(いつも落ちてるとこ)では正直萎えた。

なんとか早期に染みだしが抜けきって欲しいもんだが・・・


1便目 第3× 
2便目 第1×
3便目 第3×
4便目 第2×
5便目 第3×

先週掴んだ第2核心のスタンスのコツはどうやら正解っぽく今回は4打数三安打の七割五分。
しかししかしラスボス第三核心が繋げると未だノーヒッターのゼロ零0・・・繋げると余力がないのは持久力の無さだけではなく、どこかに力任せムーブがあるから?


そういう訳で心当たりがあるとこが第三核心2手目の左クロスムーブ(染みだしてる四角ピンチを取りに行くセクション)。
ここの1手が非常に遠くて、左手クロスしながらデッドのように取りにいき、なおかつ四角ピンチお掴んでも結構身体が振られるのでダメージがあるムーブになってる。

なので左足バックステップの位置変更をレストポイントのガバまで上げてみた。結構狭苦しいキョンになるけど、今までよりは身体が振られることなくスタティックに近い動きでクロスが出せる。 
もしかしてこれが正解ムーブか?

これ練習したのが4便目フォール後だったので5便目はさすがにヨレててここ成功しなかったが好感触なのは実感。

頑張る。染みだしはいらん